インフルエンザ タグの記事一覧 | インフルエンザ脳症、風邪対策

アーカイブ : 「インフルエンザ 」タグ

あ~あ、ヤクルト首位陥落!“病魔蔓延”でV逸か – ZAKZAK


あ~あ、ヤクルト首位陥落!“病魔蔓延”でV逸か
ZAKZAK
当時もチーム内にインフルエンザが蔓延(まんえん)し、選手の離脱が止まらなかった。1勝1敗で迎えた3戦目は、先発予定投手までがダウンして敗退している。 シーズン最大のヤマ場で、再び病魔に夢を絶たれてしまうのか。リーダー不在のヤクルトナインに、2年分の成長 ...

and more »

キム・シニョン、新型インフルエンザ汎省庁広報大使へ – 朝日新聞


キム・シニョン、新型インフルエンザ汎省庁広報大使へ
朝日新聞
韓国の人気女性お笑い芸人キム・シニョンが、新型インフルエンザ汎省庁事業団の広報大使に任命されたと、所属事務所サイダスHQが明らかにした。 キム・シニョンは、新型インフルエンザ汎省庁事業団と共に8日、西小門(ソソムン)救世軍ブリッジセンターにて、老人を対象と ...

and more »

インフルワクチン 県、安定供給に力 – 大分合同新聞


大分合同新聞

インフルワクチン 県、安定供給に力
大分合同新聞
インフルエンザの流行期を前に、ワクチンの安定供給に向けた取り組みが本格化している。県は「県内で必要なワクチン量は確保できている」とするが、本年度はワクチンの製造量が当初の見込みから減り、例年よりも医療機関のワクチン在庫量に偏在が生じる恐れも。 ...
ワクチン接種をわかりやすくタウンニュース

all 2 news articles »

電車の中でくしゃみをされた場合、被害はどれくらいになりますか。射程範囲は。 – とれまが知恵袋 – とれまがニュース


電車の中でくしゃみをされた場合、被害はどれくらいになりますか。射程範囲は。 – とれまが知恵袋
とれまがニュース
一番なのは自分が風邪、インフルエンザかな?と思ったら飛沫させないようにマスク。つまり感染している人がマスクをする事が一番なんです。感染していない人のマスクは飛沫してきたウイルスが口や鼻などに入らないように防御できます。 基本的に飛沫感染で最も多い感染 ...

ホルツェンの準備は整った – livedoor


ホルツェンの準備は整った
livedoor
このマリナーズのドラフト1位(全体2 位)の選手は、6月のカレッジ・ワールドシリーズで最終的にチャンピオンとなるサウスキャロライナ大学と対戦し3イニングで10人の打者を8奪三振と圧倒したあと、インフルエンザでチームを離脱した。彼のバージニアのチームメイトは、 ...

2011/12シーズンにおけるインフルエンザ集団発生初発事例―山口県 – 感染症情報センター


2011/12シーズンにおけるインフルエンザ集団発生初発事例―山口県
感染症情報センター
山口県においては、毎年度、「山口県インフルエンザ予防対策実施要領」に基づき、学校等の集団におけるインフルエンザの発生を早期に探知し、感染の急速な拡大や大規模かつ一斉の流行を回避・緩和することを目的としたインフルエンザ予防対策を実施している。 ...

道の駅ウトナイ湖、利用順調 苫小牧 – 北海道新聞


道の駅ウトナイ湖、利用順調 苫小牧
北海道新聞
インフルエンザや東日本大震災の影響による集客減が響き、開業1年目の100万9321人には及ばなかったが、目標の65万人はクリアした。 開業2年目は、鳥インフルエンザ感染予防のため、今年1月下旬から6月上旬まで湖岸に近寄れない状態が続き、ウトナイ湖に ...

富士経済、「2011年版 生物由来有用成分・素材市場徹底調査」結果を発表 – 日本経済新聞 (プレスリリース)


富士経済、「2011年版 生物由来有用成分・素材市場徹底調査」結果を発表
日本経済新聞 (プレスリリース)
今後、「アンチエイジング」と「美容」、「ロコモティブシンドローム(運動器症候群)対策」と「関節対応」、「抗疲労」、「脳機能改善」、「長寿遺伝子の活性」など高齢化に対する機能訴求や、新型インフルエンザなど外的要因からの防御を訴求した「免疫賦活」に対する ...

暮らし、医療、福祉 – Dream News (プレスリリース)


暮らし、医療、福祉
Dream News (プレスリリース)
臨床検査薬・機器市場は成熟市場と言われながらも堅実な成長を遂げています。2010年度はインフルエンザの需要が前年対比で減ったため、一部の企業では減収を余儀なくされていますが、それをカバーする項目、海外事業なども育ってきています。本調査レポートでは、日本国内 ...

and more »

《茶況》 米の科学雑誌に掲載 「緑茶でインフル予防」研究 – 中日新聞


《茶況》 米の科学雑誌に掲載 「緑茶でインフル予防」研究
中日新聞
菊川市の児童の緑茶飲用とインフルエンザ発症の関連性を調べた県立大薬学部(静岡市駿河区)の山田浩教授らの研究チームの論文が、世界トップクラスの科学雑誌に掲載された。米国の栄養学会の雑誌「ジャーナル オブ ニュートリッション」10月号。 ...

▲Page Top