2016年11月の記事一覧(2) | インフルエンザ脳症、風邪対策

アーカイブ : 2016年11月

風邪をひくのは睡眠中 免疫低下に加湿&安眠で対抗 – 日本経済新聞


日本経済新聞

風邪をひくのは睡眠中 免疫低下に加湿&安眠で対抗
日本経済新聞
これからの季節、気をつけたいのが風邪やインフルエンザだ。対策の基本は「うがいと手洗い」。帰宅したとき、手やのどについたウイルスを洗い流すことが大切なことは誰もが知っているだろう。しかし、それに加え、予防の上では睡眠中のケアが非常に大切なことを知っている人は ...
2016年11月27日(日)千葉日報

all 2 news articles »

和地つかさ、マイコプラズマ肺炎にかかり「意識がもうろう…」 – サンケイスポーツ


和地つかさ、マイコプラズマ肺炎にかかり「意識がもうろう…」
サンケイスポーツ
グラビアアイドル、和地つかさ(23)が26日、DVD&ブルーレイ「たわわっち」(ラインコミュニケーションズ、4104円)の発売イベントを東京都内で行い、Hカップ乳の谷間を強調させたビキニ姿で会場を悩殺。8月に山梨・富士河口湖町で撮影を行った際、マイコプラズマ肺炎に ...

インフルエンザ早い流行 今後の寒さは – ハフィントンポスト


ハフィントンポスト

インフルエンザ早い流行 今後の寒さは
ハフィントンポスト
厚生労働省は、きのう25日(金)、今年もインフルエンザが流行シーズンに入ったと発表しました。例年より早い時期の流行入りです。今週は、この時期としては強い寒気が流れ込み、関東甲信で記録的に早い初雪となったほか、全国的にも11月とは思えない厳しい寒さに見舞われ ...

and more »

流行期入り 重症化しやすい香港型 予防接種、希望者相次ぐ – 毎日新聞


毎日新聞

流行期入り 重症化しやすい香港型 予防接種、希望者相次ぐ
毎日新聞
この病気の原因となるマイコプラズマは、細菌の一種で、せきやくしゃみに含まれる唾液の「飛沫(ひまつ)感染」で広がる。感染研の見理剛(けんりつよし)・細菌第2部第2室長によると、インフルエンザウイルスなどと比べると感染力が弱く、強い毒素を出すこともないため、抵抗力 ...

and more »

マイコプラズマ肺炎流行!手洗いうがいはこまめに – おたくま経済新聞


おたくま経済新聞

マイコプラズマ肺炎流行!手洗いうがいはこまめに
おたくま経済新聞
と思うかもしれませんが、マイコプラズマ肺炎に聞く抗菌薬の場合、等に子供に対して副作用の心配があるそうです。この抗菌薬が効かないから別のものを使うということを繰り返すと、どんどん耐性菌が増えていくことも懸念されています。 感染から発病までの潜伏期間は2~3週間。インフルエンザが1週間ほどなので、忘 ...

and more »

処方薬の記事一覧 – ヘルスプレス


ヘルスプレス

処方薬の記事一覧
ヘルスプレス
抗菌薬は風邪に効かない! 米国国立医学図書館『PubMedHealth - Common colds: Overview』、アメリカ疾病予防管理センター(CDC)、米国国立アレルギー・感染症研究所 (NIAID)などのデータによると、風邪(common cold)は、ライノウイルスやコロナウイルスなどの ...

風邪・インフル対策で話題 エルダーフラワーって何? – 日本経済新聞


日本経済新聞

風邪・インフル対策で話題 エルダーフラワーって何?
日本経済新聞
爽やかな香りは鼻やのど、気管支のつまりを和らげ鼻炎や風邪にも効果的。また、イライラした気分を鎮め、抑うつや無気力感を改善、精神を活性化させる作用もある。精神的ストレスや暴飲暴食で弱った胃や腸のぜん動運動を促し、消化を助ける。[中枢神経の刺激][胃の機能の ...

and more »

首都圏でマイコプラズマ流行、集団感染も〔CBnews〕 – Medical Tribune (登録)


首都圏でマイコプラズマ流行、集団感染も〔CBnews〕
Medical Tribune (登録)
乾いた咳や発熱などの症状が出る「マイコプラズマ肺炎」の流行が首都圏で本格化している。7日から13日までの週の患者報告数は、東京など4都県で前週を上回り、特に千葉県では前回の流行(2012年)以降で最多となった。東京都も「過去5年平均と比較して高い値で推移し ...

and more »

大流行中のマイコプラズマ もし新生児・子ども・妊婦が感染したら… – All About NEWS


All About NEWS

大流行中のマイコプラズマ もし新生児・子ども・妊婦が感染したら…
All About NEWS
A.マイコプラズマ肺炎は、どの時点で感染のおそれがなくなると言えるのかが判りにくいため、明確に出席停止期間が定められているインフルエンザなどに比べ、判断が難しいです。明確なラインはないものの、適切な抗菌薬を服薬し、解熱、または咳症状の回復が見られれば、 ...

and more »

大流行中のマイコプラズマ もし新生児・子ども・妊婦が感染したら… – All About NEWS


All About NEWS

大流行中のマイコプラズマ もし新生児・子ども・妊婦が感染したら…
All About NEWS
A.マイコプラズマ肺炎は、どの時点で感染のおそれがなくなると言えるのかが判りにくいため、明確に出席停止期間が定められているインフルエンザなどに比べ、判断が難しいです。明確なラインはないものの、適切な抗菌薬を服薬し、解熱、または咳症状の回復が見られれば、 ...

and more »
▲Page Top