2016年10月の記事一覧 | インフルエンザ脳症、風邪対策

アーカイブ : 2016年10月

子どものマイコプラズマ肺炎|症状、検査、治療法。入院は必要? – cozre(コズレ)


cozre(コズレ)

子どものマイコプラズマ肺炎|症状、検査、治療法。入院は必要?
cozre(コズレ)
熱が下がらない、咳が止まらないなど、風邪の初期治療を行っても症状が改善されないときにマイコプラズマ肺炎を疑って検査をし、そこで初めて診断されることが多く、結果、治療が遅れてしまう場合があります。また、園や学校など集団生活での感染や家庭内感染にも注意が ...
マイコプラズマ肺炎」が大流行の兆し! 拡大感染しやすいのは異名<歩く肺炎>にアリヘルスプレス
マイコプラズマ肺炎 患者数が最多に日テレNEWS24
マイコプラズマ肺炎の患者数 過去10年間で最多テレビ朝日

all 17 news articles »

熱や激しいせき…マイコプラズマ肺炎、流行の兆し : yomiDr. / ヨミドクター … – 読売新聞


熱や激しいせき…マイコプラズマ肺炎、流行の兆し : yomiDr. / ヨミドクター ...
読売新聞
子どもが主にかかり、熱や激しいせきが出るマイコプラズマ肺炎が、流行の兆しを見せている。 国立感染症研究所が25日発表したまとめによると、今月10~16日に全国約500の医療機関から報告のあった患者数は、1医療機関当たり1.23人で、20.

and more »

マイコプラズマ肺炎、今シーズンは大流行か – 日経メディカル


日経メディカル

マイコプラズマ肺炎、今シーズンは大流行か
日経メディカル
マイコプラズマ肺炎の流行が拡大している。国立感染症研究所発表の感染症発生動向調査によると、2016年10月3~9日(第40週)におけるマイコプラズマ肺炎の定点当たり報告数は1.33で、大流行した2011-2012シーズンの同週の報告数を上回った。国立感染症研究所細菌 ...

マイコプラズマ肺炎が感染拡大、患者の中心は幼児・学童・青年 – リセマム


リセマム

マイコプラズマ肺炎が感染拡大、患者の中心は幼児・学童・青年
リセマム
呼吸器感染症である「マイコプラズマ肺炎」の患者が全国的に増加傾向にある。過去10年間の比較では、2011年につぐ流行状況。秋から春にかけて、幼児や小中学生などで感染が拡大する傾向にあるため、今後の動向に注意が必要だ。 マイコプラズマ肺炎は、「肺炎 ...

and more »

マイコプラズマ肺炎が感染拡大、患者の中心は幼児・学童・青年 – リセマム


リセマム

マイコプラズマ肺炎が感染拡大、患者の中心は幼児・学童・青年
リセマム
呼吸器感染症である「マイコプラズマ肺炎」の患者が全国的に増加傾向にある。過去10年間の比較では、2011年につぐ流行状況。秋から春にかけて、幼児や小中学生などで感染が拡大する傾向にあるため、今後の動向に注意が必要だ。 マイコプラズマ肺炎は、「肺炎 ...

and more »

「マイコプラズマ」気付かず周囲に感染も… – 日テレNEWS24


日テレNEWS24

マイコプラズマ」気付かず周囲に感染も…
日テレNEWS24
マイコプラズマという細菌が引き起こす「マイコプラズマ肺炎」の感染が広がっている。実はこの肺炎、感染が広がりやすい「ある特徴」がある。 □国立感染症研究所のデータによると、今月9日までの1週間に報告されたマイコプラズマ肺炎の患者数は、1医療機関あたり1.33人と ...
【2016年】日本各地でマイコプラズマ肺炎流行 若年層の感染に要注意ガジェット通信
マイコプラズマ肺炎が拡大中、症状や治療法、注意したい合併症は?All About NEWS
【過去最大】マイコプラズマ肺炎が流行の兆し。できる予防は積極的に!ママスタセレクト

all 12 news articles »

【2016年】日本各地でマイコプラズマ肺炎流行 若年層の感染に要注意 – ガジェット通信


ガジェット通信

【2016年】日本各地でマイコプラズマ肺炎流行 若年層の感染に要注意
ガジェット通信
2016年10月18日(火)国立感染症研究所から報告された患者数から、 「マイコプラズマ肺炎」の流行が懸念されていることがわかりました。 若年層への感染が多くみられ、2011年に大流行をみせた「マイコプラズマ肺炎」ですが、2016年も流行年になる可能性が高まってきている ...
マイコプラズマ」気付かず周囲に感染も…日テレNEWS24
マイコプラズマ流行拡大、過去最多レベルに〔CBnews〕Medical Tribune (登録)
マイコプラズマ肺炎が拡大中、症状や治療法、注意したい合併症は?All About NEWS
ママスタセレクト
all 12 news articles »

マイコプラズマ肺炎 過去10年で2番目 – 日テレNEWS24


日テレNEWS24

マイコプラズマ肺炎 過去10年で2番目
日テレNEWS24
マイコプラズマという細菌が引き起こす肺炎「マイコプラズマ肺炎」が例年に比べて増え、過去10年で2番目の多さとなっている。 国立感染症研究所によると、今月9日までの1週間に報告されたマイコプラズマ肺炎の患者数は1医療機関あたり1.33人で、過去10年で最も多かっ ...
【過去最大】マイコプラズマ肺炎が流行の兆し。できる予防は積極的に!ママスタセレクト
マイコプラズマ肺炎が拡大中、症状や治療法、注意したい合併症は?All About NEWS
【2016年】日本各地でマイコプラズマ肺炎流行 若年層の感染に要注意ガジェット通信

all 12 news articles »

今年、流行も噂されるマイコプラズマ肺炎を早期診断します! – ニュースイッチ Newswitch


ニュースイッチ Newswitch

今年、流行も噂されるマイコプラズマ肺炎を早期診断します!
ニュースイッチ Newswitch
富士フイルムは呼吸器感染症「マイコプラズマ肺炎」の簡易検査キットを月内に市場投入する。銀塩フィルムの技術を応用し、約15分で高精度に陽性・陰性を判定できる。現在使われている手法では難しかった早期診断が可能で、診断時間も短い。同感染症の簡易検査は国内の ...

写真技術でマイコプラズマ肺炎を検出、富士フイルム – 日経テクノロジーオンライン


写真技術でマイコプラズマ肺炎を検出、富士フイルム
日経テクノロジーオンライン
富士フイルムは、マイコプラズマ抗原検査キット「富士ドライケム IMMUNO AG カートリッジ Myco(マイコ)」を、2016年10月3日から富士フイルムメディカルを通じて発売した。呼吸器感染症「マイコプラズマ肺炎」の原因となるマイコプラズマ抗原を高感度で検出できる。1箱10 ...
高感度イムノクロマト法によるマイコプラズマ抗原検査キットの販売開始-富士フイルムQLifePro医療ニュース

all 2 news articles »
▲Page Top