2016年09月の記事一覧 | インフルエンザ脳症、風邪対策

アーカイブ : 2016年09月

例年より早く患者が出現 「マイコプラズマ」大流行の兆し – 日刊ゲンダイ


日刊ゲンダイ

例年より早く患者が出現 「マイコプラズマ」大流行の兆し
日刊ゲンダイ
感染症の「マイコプラズマ」は、寒い季節に患者が増える。ところが、「今年は違った動きを見せている」と話すのは、池袋大谷クリニックの大谷義夫院長。現在まで臨床教授を兼務する東京医科歯科大学などで、長く呼吸器疾患を診てきた専門医だ。 「当院で、8月後半から1日1人 ...

例年より早く患者が出現 「マイコプラズマ」大流行の兆し – 日刊ゲンダイ


例年より早く患者が出現 「マイコプラズマ」大流行の兆し
日刊ゲンダイ
感染症の「マイコプラズマ」は、寒い季節に患者が増える。ところが、「今年は違った動きを見せている」と話すのは、池袋大谷クリニックの大谷義夫院長。現在まで臨床教授を兼務する東京医科歯科大学などで、長く呼吸器疾患を診てきた専門医だ。 「当院で、8月後半から1日1人 ...

2016年はマイコプラズマ肺炎流行の兆し 学校での集団感染に注意 – ニフティニュース


ニフティニュース

2016年はマイコプラズマ肺炎流行の兆し 学校での集団感染に注意
ニフティニュース
2016年9月14日(水)のニュースで、日本人の死因の第3位として知られている「肺炎」の一種である、マイコプラズマ肺炎について注意喚起されておりました。 今年はこのマイコプラズマ肺炎の流行が懸念されているということで、特に、学校などでの集団感染が心配とされています ...

and more »

「マイコプラズマ肺炎」流行懸念 日本人の死因第3位、中高年はご注意 (1/2ページ) – ZAKZAK


マイコプラズマ肺炎」流行懸念 日本人の死因第3位、中高年はご注意 (1/2ページ)
ZAKZAK
マイコプラズマとは、自然界に存在する細菌とウイルスの中間に位置する微生物。気道に感染すると2~3週間の潜伏期を経て気管支炎を起こし、悪化するとぜんそくや肺炎に移行する。肺炎全体に占めるマイコプラズマ肺炎の割合は5%程度だが、集団感染につながりやすいの ...

マイコプラズマ肺炎の症状 – 日刊アメーバニュース


日刊アメーバニュース

マイコプラズマ肺炎の症状
日刊アメーバニュース
秋から冬にかけて流行する「マイコプラズマ肺炎」。咳やくしゃみでうつしてしまうこともあり、集団感染の恐れがあるため、学校や園などでは、出席停止措置を取ることも。しかし、名前は聞いたことがあるけれど、具体的には知らない…という人も多いはず。マイコプラズマ肺炎の ...

and more »
▲Page Top