2013年11月の記事一覧 | インフルエンザ脳症、風邪対策

アーカイブ : 2013年11月

パンデミックに挑む:トピックス MERS感染者が160人に、68人が死亡 – nikkei BPnet


パンデミックに挑む:トピックス MERS感染者が160人に、68人が死亡
nikkei BPnet
テーマサイト「インフルエンザ診療Next」と「パンデミックに挑む」では、最新情報をお届けする「パンデミック・アラートメール」を配信しています。登録はこちらからどうぞ。 前のページへ 次のページへ. 1. この記事を印刷する この記事をEvernoteに送信する この記事をはてな ...

インフル、猛威の兆し 1週間で1千人超、今季初 – 朝日新聞


インフル、猛威の兆し 1週間で1千人超、今季初
朝日新聞
【土肥修一】インフルエンザの患者数が増え始めている。国立感染症研究所によると、全国5千カ所の定点医療機関から報告された患者数は5週連続で増え、最新の1週間(18~24日)では1319人と今季初めて1週間で1千人を超えた。学級閉鎖も出始めている。インフルの流行 ...

耳鼻咽喉科専門医に聞く。アレルギー性鼻炎と風邪の鼻水を見分ける方法 – Ameba News [アメーバニュース] – Ameba (アメーバ) – 日刊アメーバニュース


耳鼻咽喉科専門医に聞く。アレルギー性鼻炎と風邪の鼻水を見分ける方法 - Ameba News [アメーバニュース] - Ameba (アメーバ)
日刊アメーバニュース
鼻水をかんだあとのティッシュペーパーをのぞいて、色など様子をチェックすることはありませんか。あるときは透明でサラサラ、たまにネバネバして黄色い……、風邪? 鼻炎? どうも違いが気になります。 そこで、耳鼻咽喉科専門医で、とおやま耳鼻咽喉科(大阪市都島区)の遠山 ...

夜景スポットで濃厚キス!? 女子が妄想する「彼氏としたい真冬のイチャイチャデート」 – 日刊アメーバニュース


夜景スポットで濃厚キス!? 女子が妄想する「彼氏としたい真冬のイチャイチャデート」
日刊アメーバニュース
彼が雪だるまを作ってくれる「しんしんと雪が降る朝、目が覚めると隣で寝ているはずの彼がいない。どこかなぁと探してふと外を見ると、大小2つの雪だるまを並べて『見てみてー! これ俺たちだよ!』とはしゃいでいる彼が。うれしいのを隠してあえてクールに『はいはい、風邪ひく ...

JR笠岡駅が陽気すぎる – デイリーポータルZ


JR笠岡駅が陽気すぎる
デイリーポータルZ
[2013.11.27] 森日記「視察線 新東京丸にありがとう」( 森翔太 ) 11月、なんだか色々油断をしたのか風邪をひいてしまいました。 そこで、このたびは「大人の社会科見学」ということで、視察… ( 1:21 ). このかかしがヤバイ!2013, [2013.11.26] このかかしがヤバイ!2013( 北村 ...

木村拓哉、独自の健康法を明かす「風邪を引かなくなった」 – モデルプレス


木村拓哉、独自の健康法を明かす「風邪を引かなくなった」
モデルプレス
30日放送のTBS系情報番組「王様のブランチ」で木村は、ハマっていることを聞かれ「もうけっこう持続していることですが“酵素玄米”にハマっています。今は白いご飯より酵素玄米の方が好きです」と回答。どう違う?という質問には「ヨーグルトの菌と非常に近いんですけど、それを ...

授乳婦においてイナビル投与の安全性は高い – nikkei BPnet


授乳婦においてイナビル投与の安全性は高い
nikkei BPnet
インフルエンザに感染し、イナビルを投与された授乳婦の5例について母乳中の薬物濃度を測定したところ、吸入後1~46時間の母乳において5例とも検出限界未満であったことが示された。 1例については母児の血液検査も実施したが、児では授乳後30分において、LO、LAとも ...

「発言小町大賞」投票はきょうまで – 読売新聞


「発言小町大賞」投票はきょうまで
読売新聞
団員数は280人と過去10年間で6割近く増えており、男性団員が減る中、地域に密着した啓発や広報に励んで存在感も増している。(11月30日) [全文へ] · ミックスニュース 乳酸菌で風邪に勝つ…インフル抑制期待 (11月30日) ヨーグルトなどに含まれる乳酸菌は、おなかの調子 ...

「水尾の柚子」 収穫最盛期…京都 – 読売新聞


「水尾の柚子」 収穫最盛期…京都
読売新聞
収穫は年末まで続く見込み。 同地区では来年3月頃まで、民家9戸が柚子を使ったポン酢で味わう水炊き、すき焼きのほか、柚子風呂などで観光客を迎え入れる「おもてなし」も。 今年の「柚子風呂まとめ役」の松尾史弘さん(66)は「身体がぬくもり、風邪をひかないという言い伝え ...

and more »

桂歌丸、肺気腫も2週間で退院 新宿末広亭でトリ務める – ZAKZAK


桂歌丸、肺気腫も2週間で退院 新宿末広亭でトリ務める
ZAKZAK
メディアは報じなかったが、10月末から11月にかけて約2週間、落語家の桂歌丸(77)が入院し、関係者を心配させていた。 「風邪をほったらかしにしていたら、肺気腫になって、医者に留め置かれたって、本人はけろっとしていました。それでもお年ですからねぇ」(演芸関係者)

▲Page Top