2013年05月の記事一覧 | インフルエンザ脳症、風邪対策

アーカイブ : 2013年05月

全国・海外ニュース/ 科学・環境・医療・健康 宮崎で1羽から鳥インフル抗体 – 大分合同新聞


全国・海外ニュース/ 科学・環境・医療・健康 宮崎で1羽から鳥インフル抗体
大分合同新聞
宮崎県は3日、同県川南町の養鶏場1カ所で、鳥インフルエンザの抗体を持つニワトリが少なくとも1羽出たと発表した。ウイルスは確認できず、鳥インフルエンザを疑う症状は出ていないといい、県は「鳥インフルエンザの発生ではない」としている。 県によると、農業・食品産業技術 ...

and more »

Vol.2 ― ユ・スンウ「『K-POPスター』を勧められたが…」 – Kstyle


Vol.2 ― ユ・スンウ「『K-POPスター』を勧められたが…」
Kstyle
初めてソウルに来た時は、空気がとても悪くていつもマスクをしてたり、風邪を引きやすかったんですが今はもう慣れたし、歌手という職業も持てて、有名人になったような感じで、1年の間に変わった僕の姿に自分でも驚いています」 ユ・スンウは、オーディションを終えてから学校も ...

and more »

Vol.2 ― ユ・スンウ「『K-POPスター』を勧められたが…」 – Kstyle


Vol.2 ― ユ・スンウ「『K-POPスター』を勧められたが…」
Kstyle
初めてソウルに来た時は、空気がとても悪くていつもマスクをしてたり、風邪を引きやすかったんですが今はもう慣れたし、歌手という職業も持てて、有名人になったような感じで、1年の間に変わった僕の姿に自分でも驚いています」 ユ・スンウは、オーディションを終えてから学校も ...

備蓄予算が無駄に 新型インフルエンザにタミフル耐性登場 – 税金と保険の情報サイト


QLifePro医療ニュース

備蓄予算が無駄に 新型インフルエンザにタミフル耐性登場
税金と保険の情報サイト
中国で感染が拡大している新型インフルエンザ(H7N9)の中に、治療薬タミフルに対する耐性を持つものが見つかった。事実なら、日本政府が備蓄している5000万人分以上のタミフルが無駄になることも考えられる。 新型インフルエンザ. 上海の医師が論文発表. 耐性ウイルスを ...
中国鳥インフル、抗ウイルス薬に耐性 タミフル治療が原因かQLifePro医療ニュース
鳥インフルで「タミフル耐性」初確認、ウイルスが強化か日刊テラフォー

all 4 news articles »

21日ぶりに新たな感染者=鳥インフル、計132人-中国 – 時事通信


21日ぶりに新たな感染者=鳥インフル、計132人-中国
時事通信
【北京時事】中国新聞社電によると、北京市疾病予防コントロールセンターは28日、市内に住む6歳の男児がH7N9型鳥インフルエンザに感染したことを確認したと発表した。新たな感染者が報告されるのは今月7日以来21日ぶり。中国本土の感染者は132人(うち37人死亡)と ...

新たなHIVワクチンの実験へ – VOR ロシアの声


VOR ロシアの声

新たなHIVワクチンの実験へ
VOR ロシアの声
エン博士は、急性灰白髄炎(きゅうせいかいはくずいえん、別名ポリオ)、インフルエンザ、肝炎のワクチンを作る段階でできたウイルスを全部使用するが、化学的な結合、遺伝子組み換え、ガンマー線の照射をつかうことで、ウイルスをそのまま使うことで生じるリスクを排除すること ...

恋することで免疫機能が活性化する! – ダイエットクラブNEWS


恋することで免疫機能が活性化する!
ダイエットクラブNEWS
多くの人が患った経験がある風邪や、増加傾向にあるガン、原因が明らかにされていない難病に至るまで、私たちはさまざまな病気に侵される可能性がある。 医学の進歩により、薬品による治療や手術で病状を回復し、一命を取り留めることができるケースもあるが、その一方で、 ...

H7N9型鳥インフル、中国全域で警戒解除 – 日テレNEWS24


H7N9型鳥インフル、中国全域で警戒解除
日テレNEWS24
中国大陸全域で、鳥インフルエンザの警戒態勢が解除された。 H7N9型鳥インフルエンザの拡大防止のため、中国大陸で最後まで警戒態勢を敷いていた河南省で30日、警戒態勢が解除された。 鳥インフルエンザをめぐっては、中国大陸や台湾で133人の感染が確認され、この ...

H7N9型鳥インフル、中国全域で警戒解除 – 日テレNEWS24


H7N9型鳥インフル、中国全域で警戒解除
日テレNEWS24
中国大陸全域で、鳥インフルエンザの警戒態勢が解除された。 H7N9型鳥インフルエンザの拡大防止のため、中国大陸で最後まで警戒態勢を敷いていた河南省で30日、警戒態勢が解除された。 鳥インフルエンザをめぐっては、中国大陸や台湾で133人の感染が確認され、この ...

冷気吸って鼻水、くしゃみ 増える「寒暖差アレルギー」 5月の – 47NEWS


冷気吸って鼻水、くしゃみ 増える「寒暖差アレルギー」 5月の
47NEWS
鼻水やくしゃみが出るなど花粉症や風邪に似た「寒暖差アレルギー」の症状を訴える患者が増えている。冷たい空気を吸うなどして発症することから、低温が続いた5月の天候が影響しているとみられる。医師は「夏の冷房にも注意が必要」と話している。 寒暖差アレルギーは、正式 ...

and more »
▲Page Top