2012年11月の記事一覧(2) | インフルエンザ脳症、風邪対策

アーカイブ : 2012年11月

濃厚で超おいしい!ご飯と合う最強「味付きニンニク」5つ | キャリア | マイナビニュース – マイナビニュース


濃厚で超おいしい!ご飯と合う最強「味付きニンニク」5つ | キャリア | マイナビニュース
マイナビニュース
みなさん風邪などひかれていませんか? 寒いこの季節、風邪予防と美容のために積極的に摂取したいのが、ニンニク。実はニンニクには、驚くほど若返り効果があるのです。 今回はニンニクの美容効果と、ニンニクが苦手な人でも安心の臭わないおいしいニンニクをご紹介します。

風邪ひいちゃった| ウーマンエキサイト みんなの投稿 – ウーマンエキサイト・Garboコンシェルジュ


ウーマンエキサイト・Garboコンシェルジュ

風邪ひいちゃった| ウーマンエキサイト みんなの投稿
ウーマンエキサイト・Garboコンシェルジュ
息子が風邪をひいたようで明日に延期になりました。 月曜くらいからちょっと咳が出てたんだけど・・・ 昨日の夕方からひどくなって、昨日の晩もあまり眠れなかったよう。 病院へ連れて行くと鼻がでて、それがのどに引っかかって咳が出てるみたいだね、ということです。 お薬もらって ...

インフルエンザ報告数が増加中 国立感染症研究所感染症情報センター「ンフルエンザ流行レベルマップ」を発表 – 医療人材ニュース


RBB Today

インフルエンザ報告数が増加中 国立感染症研究所感染症情報センター「ンフルエンザ流行レベルマップ」を発表
医療人材ニュース
都道府県別に定点当たり報告数をみると、最も高いのは沖縄県の1.83、続いて佐賀県が1.59でこれに続き、以降は福井県が0.38、秋田県が0.33、岐阜県が0.32の順となっている。地域的に、注意報レベル、警報レベルを超えている保健所地域はまだ存在していないという。
インフルエンザに罹(かか)った経験がある人は49.1%YUCASEE MEDIA(ゆかしメディア) (プレスリリース)
[ライフ]【感染症と人の戦い】川崎市衛生研究所所長・岡部信彦 見えてきたRSウイルス(2012.12.1 03:14)MSN産経ニュース
予防接種と乳幼児突然死の関連調査へ 厚労省、事例収集朝日新聞

all 41 news articles »

あらためて「いい家」とは何でしょう? – 朝日新聞


あらためて「いい家」とは何でしょう?
朝日新聞
私と同世代の建主は、一人っ子同士の結婚も多く、90歳近い高齢の親御さん4人が健在のある夫婦は「自分たちはおちおち風邪も引けない」と言います。しかし、早い時期に自立のためのリフォームを済ませており、90歳でも元気に「家に生かされている」そうです。 子どもたちの ...

新型インフル想定し患者搬送 倉吉で訓練 – 日本海新聞


日本海新聞

新型インフル想定し患者搬送 倉吉で訓練
日本海新聞
新型インフル想定し患者搬送 倉吉で訓練. 2012年11月30日. 新型インフルエンザの疑いがある患者の移送を想定した訓練が29日、鳥取県倉吉市旭田町の中部休日急患診療所などで行われた。鳥取県中部福祉保健局職員など関係機関から8人が参加して連絡や移送手順、二 ...

and more »

衆院選:22年ぶり冬選挙 掲示板の風雪対策苦慮 立候補予定者、遊説備え防寒入念 /岩手 – 毎日新聞


衆院選:22年ぶり冬選挙 掲示板の風雪対策苦慮 立候補予定者、遊説備え防寒入念 /岩手
毎日新聞
一方、立候補予定者や陣営関係者も防寒対策に余念がない。2区で「日本未来の党」から出馬予定の前職、畑浩治氏は「寒がりで風邪をひきやすいので無理せず厚着します」。自民元職の鈴木俊一氏の妻敦子さんは夫に付き添い県内各地であいさつ回りをする日々。「冷え性 ...

《医療相談》高2の息子が漏斗胸 回答・永竿智久さん – 朝日新聞


《医療相談》高2の息子が漏斗胸 回答・永竿智久さん
朝日新聞
A 心臓や肺が圧迫されて肺活量が減ったり、風邪を引きやすかったりしますが、普段の暮らしに大きな影響はありません。問題は外見ですね。プールに入るようになると悩むお子さんはいます。 Q 筋トレの効果は。 A 大胸筋をつけることで男らしさをカバーすることはできます。

お祝いは春に – 朝日新聞


お祝いは春に
朝日新聞
家事 祖母が風邪でダウン。サエが家事を任された。塾での自習をあきらめ、家庭科の教科書を取り出し料理に挑戦しようとしたが、結局は出来合いのトンカツ、イカそうめん、納豆の夕食に。後片付けもしたという。「今日は塾に行けなくてごめんなさい」とメールしてきたが、母はサエ ...

鳥インフルエンザ:早期発見へ 県、カモ類糞便調査 諏訪湖で5度目 /長野 – 毎日新聞


インフルエンザ:早期発見へ 県、カモ類糞便調査 諏訪湖で5度目 /長野
毎日新聞
高病原性鳥インフルエンザウイルスの早期発見のため、県は今シーズンも諏訪湖の横河川河口付近(岡谷市)でカモ類の糞便(ふんべん)調査を始めた。環境省による全国調査の一環で、今季で5年度目。来年3月まで4回実施し、採取したサンプルを検査機関に送ってウイルス ...
検査した検体すべてで異常なし 野鳥の鳥インフルエンザウイルス保有状況調査(平成24年10月分)EICネット

all 2 news articles »

風邪予防:R−1乳酸菌「毎日飲めば効果」佐賀・有田町が調査 – 毎日新聞


風邪予防:R−1乳酸菌「毎日飲めば効果」佐賀・有田町が調査
毎日新聞
風邪とインフルエンザの季節。日ごろの体調管理と、免疫力を低下させないライフスタイルが予防の基本だ。風邪やインフルエンザと乳酸菌飲料の関係を調べた佐賀県有田町のユニークな試験を通して、予防策を考えてみた。【小島正美】 ...

▲Page Top