2011年12月の記事一覧 | インフルエンザ脳症、風邪対策

アーカイブ : 2011年12月

うつ病は五感も低下させてしまうことが明らかになる – NEWSポストセブン


うつ病は五感も低下させてしまうことが明らかになる
NEWSポストセブン
“うつ病は心の風邪”と言いますが、心だけでなく視覚にも影響があるのですね。見えにくくなるなんて驚きです。 この結果は、網膜にあるアマクリン細胞に原因があります。アマクリン細胞は、見えたもの(感覚情報)を視神経細胞に伝える働きがあります。 ...

鳥インフルで男性死亡=中国広東省 – 朝日新聞


鳥インフルで男性死亡=中国広東省
朝日新聞
【北京時事】中国・新華社電によると、鳥インフルエンザウイルス(H5N1型)に感染したと診断された広東省深セン市のバス運転手の男性(39)が31日、多臓器不全で死亡した。 男性は21日に発熱し、25日に肺炎で入院、30日に同ウイルスに感染したと診断され ...

年末の風物詩コミケに潜入、コスプレイヤーに直撃取材してみた – Fashionsnap.com


Fashionsnap.com

年末の風物詩コミケに潜入、コスプレイヤーに直撃取材してみた
Fashionsnap.com
風邪をひかないようがんばって下さいね! 元々同人誌を描いていたことからコスプレにハマったという彼女。第一会場に続いて第ニ会場でもやはり「けいおん!」は人気でした。中野梓と言えば猫耳ということで、招き猫ポーズ。可愛いですね! コミケは10回以上は参加している ...

and more »

鳥インフルで男性死亡=中国広東省 – 時事通信


鳥インフルで男性死亡=中国広東省
時事通信
【北京時事】中国・新華社電によると、鳥インフルエンザウイルス(H5N1型)に感染したと診断された広東省深セン市のバス運転手の男性(39)が31日、多臓器不全で死亡した。 男性は21日に発熱し、25日に肺炎で入院、30日に同ウイルスに感染したと診断され ...

中国で鳥インフル、バス運転手死亡 – 朝日新聞


中国で鳥インフル、バス運転手死亡
朝日新聞
中国の新華社通信によると、広東省深セン(センは土へんに川)市でバス運転手の男性(39)が鳥インフルエンザウイルス(H5N1型)に感染し、12月31日、病院で死亡した。男性は21日に発熱し、重症の肺炎で治療を受けていた。感染経路などは不明。 ...

中国で鳥インフル感染の疑い 深センの男性、感染経路は不明 – 日本経済新聞


中国で鳥インフル感染の疑い 深センの男性、感染経路は不明
日本経済新聞
【広州=桑原健】中国広東省は31日までに同省深セン市のバス運転手の男性(39)が鳥インフルエンザウイルスに感染した疑いがあると発表した。毒性の強い「H5N1型」の陽性反応を示した。男性は21日に発熱。重い肺炎の診断を受け、31日午後に死亡した。 ...

朝日新聞原発報道で軌道修正? 「科学的な知見」にも目を向ける連載 – J-CASTニュース


朝日新聞原発報道で軌道修正? 「科学的な知見」にも目を向ける連載
J-CASTニュース
3面では、01年にBSE(牛海綿状脳症)に感染した牛が発見されたことをきっかけに出荷前の「全頭検査」に踏み切ったケースや、09年に新型インフルエンザが上陸した時の機内検疫について取り上げている。 「科学的な根拠と、人の心の動きは次元の違う話。 ...

and more »

風邪ひきaiko励まされる ファンから「笑って~~!」とエール – J-CASTニュース


風邪ひきaiko励まされる ファンから「笑って~~!」とエール
J-CASTニュース
12月18日にライブツアーを終えたaikoは、まもなくして風邪をひいてしまった。今までにないほどのひどい症状で、年末の「ミュージックステーション(Mステ)」(テレ朝)出演の際には、楽屋で泣きながら発声練習をしたそうだ。しかし、本番には思うように歌えず、「もう、 ...

and more »

スティーブ・ジョブズ自伝を映画化するとしたら? – 日刊テラフォー


スティーブ・ジョブズ自伝を映画化するとしたら?
日刊テラフォー
米国がくしゃみをすると、世界が風邪を引く――というのは、21世紀初頭の国際情勢を示す、一種的確な例えのように思える。この言葉にはサブプライムローン問題から世界恐慌を引き起こした米国経済社会への批判、米国主導の民主化政策が結果的に戦争を招いた事への批判などが ...

and more »

やはり薬効果? 富山県民は「よく風邪引くが休まない」 – 朝日新聞


やはり薬効果? 富山県民は「よく風邪引くが休まない」
朝日新聞
47都道府県で、今年一番風邪に弱かったのはどこ?――。気象情報会社「ウェザーニューズ」が、約2万人を対象に、こんな調査をした。 トップは富山県で、平均すると1人が1年の間に風邪を引いた回数は2.76回。逆に風邪に強かったのは和歌山、山梨両県で1.94回 ...

▲Page Top