インフルエンザ・風邪関連ニュース (2) | インフルエンザ脳症、風邪対策

アーカイブ : インフルエンザ・風邪関連ニュース

キリンが独自発見した“プラズマ乳酸菌”で確認した新機能 – ニュースイッチ Newswitch


ニュースイッチ Newswitch

キリンが独自発見した“プラズマ乳酸菌”で確認した新機能
ニュースイッチ Newswitch
キリン(東京都中野区、磯崎功典社長、03・6837・7001)は、独自に発見したプラズマ乳酸菌について順天堂大学との共同研究により、激しい運動後に起こる免疫低下や疲労蓄積を防ぐ効果を確認した。これまでプラズマ乳酸菌にはインフルエンザなどのウイルス感染を防ぎ、 ...

諏訪小児夜間急病C患者 8年連続過去最少 – 長野日報


長野日報

諏訪小児夜間急病C患者 8年連続過去最少
長野日報
指定管理者として運営する同センター運営医師会の事務局は減少の理由について、子どもの数が減っているほか、インフルエンザで受診した患者が減ったことなどを挙げている。 17年度は1日平均6・5人が受診した。インフルエンザの患者が増える12~2月は計721人で、前 ...

異常気象時代だからこそ必要な破傷風ワクチン – 毎日新聞


毎日新聞

異常気象時代だからこそ必要な破傷風ワクチン
毎日新聞
こうした多くの人が共同生活をする場所では、冬ならばインフルエンザやノロウイルスがかなりの確率で流行することになり、体力のない高齢者や乳幼児は危険な状態になることがあります。では、今回の地震や豪雨のように夏ならば感染症の心配はないのか、といえばそういう ...

【高校野球ノート】部の垣根越え結束 – カナロコ(神奈川新聞)


カナロコ(神奈川新聞)

【高校野球ノート】部の垣根越え結束
カナロコ(神奈川新聞)
神奈川新聞|; 公開:2018/07/15 01:29 更新:2018/07/15 01:29. 高校野球ノート. 4年ぶりに初戦を突破した荏田。苦節を経て手にした1勝にナインの喜びもひとしおだった。 昨秋の新チーム発足後は一時部員が9人まで減り、春の地区予選前にはけがとインフルエンザで.

浸水後の床下消毒、「不要」と専門家 扱いづらさ懸念も – 朝日新聞


浸水後の床下消毒、「不要」と専門家 扱いづらさ懸念も
朝日新聞
消石灰は、鳥インフルエンザ発生時の消毒などに使うが、素人が取り扱うのは難しい。 中瀬教授は「床下までの浸水なら、そもそも消毒は原則不要。床下の掃除は土砂を取り除いた後、水洗いし、しっかり乾かせば十分です」と話す。 県も13日に出した通知で日本環境感染学会 ...

and more »

ミャンマーのコウモリから未知のウイルスが発見される – BIGLOBEニュース


BIGLOBEニュース

ミャンマーのコウモリから未知のウイルスが発見される
BIGLOBEニュース
今日の新興感染症の75パーセントは動物由来のものだ。しかし動物では必ずしも人間と同じ症状が生じるわけではないために人獣共通感染症の検出は難しく、その帰結は深刻なものとなりかねない。 21世紀に入って以降、エボラ、SARS、鳥インフルエンザのような、動物から人 ...

避難所に移動薬局、風邪薬など用意 岡山・倉敷 – 日本経済新聞


日本経済新聞

避難所に移動薬局、風邪薬など用意 岡山・倉敷
日本経済新聞
移動薬局には連日多くの避難住民が訪れる(13日、岡山県倉敷市真備町地区の岡田小学校). 移動薬局は11日、約300人が避難する同地区の岡田小学校に開設。救急車を利用し、風邪薬や胃薬、抗生物質など約100種類の薬を用意した。避難所にいる医師の問診を受けた後、 ...

避難所に移動薬局、風邪薬など用意 岡山・倉敷 – 日本経済新聞


日本経済新聞

避難所に移動薬局、風邪薬など用意 岡山・倉敷
日本経済新聞
救急車を利用し、風邪薬や胃薬、抗生物質など約100種類の薬を用意した。避難所にいる医師の問診を受けた後、薬剤師から薬を受け取ることができる。 移動薬局の責任者である岡山大学薬学部の名倉弘哲教授(53)によると、厳しい暑さや慣れない避難所生活で発熱した人 ...

焦点:ハイテク化する中国養鶏業、1日10億個の卵どう賄うか – ロイター


ロイター

焦点:ハイテク化する中国養鶏業、1日10億個の卵どう賄うか
ロイター
昨年、鳥インフルエンザの感染によって数百人が死亡した後、飼養されている鶏には感染がほぼなかったにもかかわらず、鶏卵や鶏肉の価格は、需要減退とともに急落した。 大手企業にとって、このことは他社が廃業に追い込まれる中で事業拡大に踏み切る新たなチャンスとなっ ...

鼻を思いっきりかんだら失明した女性「顔の骨が折れた!」英国36歳 – ハザードラボ


ハザードラボ

鼻を思いっきりかんだら失明した女性「顔の骨が折れた!」英国36歳
ハザードラボ
風邪をひいた場合、日本人には「音が恥ずかしい」とズルズルすする人も多いが、欧米ではこれはマナー違反。どんなイケメンだろうが美人でも、派手に「ブブーッ!」と音を立てて鼻をかんでいるが、英国では36歳の女性が一時的に失明し、救急搬送された病院で「骨が折れて ...

▲Page Top