インフルエンザ・風邪関連ニュース (2) | インフルエンザ脳症、風邪対策

アーカイブ : インフルエンザ・風邪関連ニュース

テイクオフ:近所の薬局の前に「イン… – NNA.ASIA


NNA.ASIA

テイクオフ:近所の薬局の前に「イン…
NNA.ASIA
近所の薬局の前に「インフルエンザの予防接種、今すぐ可能」という大きな立て看板が出ていた。これまでに見た覚えがないので、昨年の大流行の再発を防ぐために今年から作ったのだろう。 筆者は毎年予防接種を受けているが、昨年の冬の終わりごろ、ひどく体調が悪くなったことがあった。一般開業医(GP)に診ても ...

インフル患者2千万人超 今期の流行、過去最大 – 産経ニュース


産経ニュース

インフル患者2千万人超 今期の流行、過去最大
産経ニュース
今シーズン(平成29年9月~30年4月)にインフルエンザになった推計患者数は2230万人を超え、統計を取り始めた11年以降、最多となったことが25日、国立感染症研究所への取材で分かった。 過去10年間で最も多かったのは昨シーズンの1672万人だった。新型インフルエンザが流行した21年の夏場から22年春にかけ ...
ニュースオピ・リーナ
インフル患者2千万人超福井新聞

all 2 news articles »

インフル患者2千万人超 今期の流行、過去最多 – 日本経済新聞


北海道新聞

インフル患者2千万人超 今期の流行、過去最多
日本経済新聞
今シーズン(2017年9月~18年4月)にインフルエンザになった推計患者数は2230万人を超え、統計を取り始めた1999年以降、最多となったことが25日、国立感染症研究所への取材で分かった。 過去10年間で最も多かったのは昨シーズンの1672万人だった。新型インフルエンザが流行した09年の夏場から10年春にかけ ...
インフル患者2千万人超徳島新聞

all 1 news articles »

インフル患者2千万人超 今期の流行、過去最多 – 日本経済新聞


北海道新聞

インフル患者2千万人超 今期の流行、過去最多
日本経済新聞
今シーズン(2017年9月~18年4月)にインフルエンザになった推計患者数は2230万人を超え、統計を取り始めた1999年以降、最多となったことが25日、国立感染症研究所への取材で分かった。 過去10年間で最も多かったのは昨シーズンの1672万人だった。新型インフルエンザが流行した09年の夏場から10年春にかけ ...
インフル患者2千万人超徳島新聞

all 1 news articles »

幸せにまつわる5つの迷信 逃さない人の知恵とは? – インフォシーク


インフォシーク

幸せにまつわる5つの迷信 逃さない人の知恵とは?
インフォシーク
幸せはつかまえがたいものですよね。自己啓発本やインフルエンザーの言葉がぐっとくることもありますが、そんな確実ならば苦労しません。 幸せにまつわる迷信がたくさん. shutterstock_373832692. 「幸せはすぐに逃げていきがち。だれかが幸せになると、別のだれかが不幸になったりもします」と、ジョンズホプキンス ...

はしか、沖縄厳戒 流行拡大 「来県に注意」「接種を」 – 毎日新聞


毎日新聞

はしか、沖縄厳戒 流行拡大 「来県に注意」「接種を」
毎日新聞
空気感染するはしかは、くしゃみなどの飛沫(ひまつ)でうつるインフルエンザなどと比べ、感染力が非常に強い。空港や駅、イベント会場、医療機関など人の集まる場所で感染が一気に広がる恐れがあり、2016年には関西国際空港で多数の従業員や利用者が感染して各地で患者が見つかった。 沖縄県は大型連休 ...
はしかが沖縄で流行中、専門医がGW旅行「キャンセルよりワクチンを」と呼びかけるわけハフィントンポスト
はしか猛威!1800万人が感染危機 ワクチン接種「1回世代」は要注意 GW明けのパンデミック警戒ZAKZAK
はしか:流行、沖縄厳戒「乳児や未接種妊婦、来県延期を」ニフティニュース

all 33 news articles »

【中耳炎】痛み・うみを放置すると難聴に…細菌が炎症起こし鼓膜切開も – 読売新聞


読売新聞

【中耳炎】痛み・うみを放置すると難聴に…細菌が炎症起こし鼓膜切開も
読売新聞
なぜ起きる? 耳は、外側から 外耳 ( がいじ ) 、中耳、 内耳 ( ないじ ) に分けられます。外耳で音を集め、中耳にある鼓膜が振動します。音の振動は、さらに奥にある内耳で電気信号に変わり、脳に伝わります。 中耳には、鼻と耳をつなぐ「 耳管 ( じかん ) 」と呼ばれる細い管があり、鼻から空気を送って鼓膜の ...

赤ちゃんにも優しい! キャンピングカー旅行に密着取材! – 朝日新聞


朝日新聞

赤ちゃんにも優しい! キャンピングカー旅行に密着取材!
朝日新聞
まず里帰り出産から戻ってきたら、いきなり夫婦そろってインフルエンザに! 幸い優太くんは発症せずにすみましたが、いきなりのアクシデントです。その後も子育てに奮闘する日々ですが、もともとがアクティブなおふたり。どちらからともなく「いつから出かけられるかな?」と考え始めます。 「どこでも我が家」なら、子ども連れ ...

中外製薬が逆行高 業績進捗率高めで買い気優勢 – 朝日新聞社


朝日新聞社

中外製薬が逆行高 業績進捗率高めで買い気優勢
朝日新聞社
相場全体が冴えない中、中外製薬(4519)に買いが先行している。10時55分時点では前日比70円(1.2%)高の5770円付近で推移している。前日に今2018年12月期第1四半期(1~3月)決算を発表しているが、これが手がかりになっているもよう。 第1四半期は営業利益が前年同期比45.6%増の383億円、純利益 ...
中外薬の1~3月期、純利益51%増 ロシュ向け好調日本経済新聞

all 3 news articles »

画期的な新薬候補を有する、注目の銘柄5つ – All About NEWS


All About NEWS

画期的な新薬候補を有する、注目の銘柄5つ
All About NEWS
塩野義製薬 <4507> が開発したインフルエンザ薬「ゾフルーザ」が2018年2月に厚生労働省から製造販売承認を受け、今年4月から販売を開始しました。厚労省が2015年に導入した「先駆け審査指定制度」で指定された医薬品としては第1号となります。経口のインフルエンザ薬として著名なタミフル(販売は中外製薬)は ...

▲Page Top