インフルエンザ・風邪関連ニュース | インフルエンザ脳症、風邪対策

アーカイブ : インフルエンザ・風邪関連ニュース

デンカ生研 インフルエンザ診断用医療機器を新発売 – 日刊ケミカルニュース


デンカ生研 インフルエンザ診断用医療機器を新発売
日刊ケミカルニュース
クイックナビ-Flu2は、検体中に存在するインフルエンザウイルスを迅速かつ高感度に検出できる国内トップシェアの迅速検査キット。検査キットに出現するラインの有無により5分で判定でき、クイックナビリーダーと組み合わせることで、インフルエンザ診療のさらなる効率化が図れる ...

ひどい風邪でも出社、貧乏ゆすり 職場でイラッとする他人の行動 … – livedoor


livedoor

ひどい風邪でも出社、貧乏ゆすり 職場でイラッとする他人の行動 ...
livedoor
メディケア生命保険10月10日、「ビジネスパーソンの疲れとストレスに関する調査2018」を発表した。調査は今年9月にネットで実施し、埼玉・千葉・東京・神奈川(以下関東)と ...

and more »

This RSS feed URL is deprecated

This RSS feed URL is deprecated, please update. New URLs can be found in the footers at https://news.google.com/news

最先端ハーブや風邪の原因菌の研究結果を初公開!カンロが「健康のど飴 ドクタープラス」ラウンドテーブルを開催 – ガジェット通信


ガジェット通信

最先端ハーブや風邪の原因菌の研究結果を初公開!カンロが「健康のど飴 ドクタープラス」ラウンドテーブルを開催
ガジェット通信
カンロ飴や健康のど飴、ピュレグミなどでおなじみのカンロは10月3日にメディア向けラウントデーブルを「KANRO (カンロ) R&D豊洲研究所」にて開催。最先端ハーブ研究や、風邪の原因菌への殺菌効果を示す研究結果などが発表された。 カンロ1 1981年に「健康のど飴」を発売 ...

and more »

最先端ハーブや風邪の原因菌の研究結果を初公開!カンロが「健康のど飴 ドクタープラス」ラウンドテーブルを開催 – Nicheee! (ニッチー!)


Nicheee! (ニッチー!)

最先端ハーブや風邪の原因菌の研究結果を初公開!カンロが「健康のど飴 ドクタープラス」ラウンドテーブルを開催
Nicheee! (ニッチー!)
カンロ飴や健康のど飴、ピュレグミなどでおなじみのカンロは10月3日にメディア向けラウントデーブルを「KANRO (カンロ) R&D豊洲研究所」にて開催。最先端ハーブ研究や、風邪の原因菌への殺菌効果を示す研究結果などが発表された。 カンロ1. 1981年に「健康のど飴」を発売 ...

すでに学級閉鎖も。感染拡大を起こしてしまう “秋インフルエンザ”の罠 – ニフティニュース


ニフティニュース

すでに学級閉鎖も。感染拡大を起こしてしまう "秋インフルエンザ"の罠
ニフティニュース
9月10日、東京都江戸川区の公立小学校で、都内では今シーズン初のインフルエンザによる学級閉鎖が報告された。 ほかにも山形県、茨城県、埼玉県、千葉県、岐阜県、愛知県、大阪府、和歌山県、愛媛県などの幼稚園、小中学校でも学級閉鎖が続出し、インフルエンザは今、 ...

and more »

すでに学級閉鎖も。感染拡大を起こしてしまう “秋インフルエンザ”の罠 – ニコニコニュース


ニコニコニュース

すでに学級閉鎖も。感染拡大を起こしてしまう "秋インフルエンザ"の罠
ニコニコニュース
そのためインフルエンザは、空気が乾燥した冬に流行する疾病ではなく、一年中いつかかってもおかしくない病気といえるようになりました。 ただ、夏に流行しにくいのは、湿度が高いと人の喉にある線毛が活発に動いて、インフルエンザウイルスが入ってきても、体の外に出して ...

塩野義 抗インフルエンザ薬ゾフルーザ顆粒剤の承認取得 申請から約5か月で – ミクスOnline


日経メディカル

塩野義 抗インフルエンザ薬ゾフルーザ顆粒剤の承認取得 申請から約5か月で
ミクスOnline
塩野義製薬は、製造販売している抗インフルエンザウイルス薬ゾフルーザ錠(一般名:バロキサビル マルボキシル)の新剤形となる「ゾフルーザ顆粒2%分包」の承認を取得した。顆粒剤を市場投入することで、特に幼児や嚥下困難患者の利便性が高まる。顆粒剤の薬価収載は11 ...
インフルエンザ薬ゾフルーザ、迅速に症状緩和日経メディカル

all 2 news articles »

抗インフルエンザ薬ゾフルーザ、迅速に症状緩和 – 日経メディカル


日経メディカル

インフルエンザ薬ゾフルーザ、迅速に症状緩和
日経メディカル
合併症を伴わない急性インフルエンザの思春期・成人患者にバロキサビルを単回投与したところ、症状緩和までの期間の点ではプラセボに対して、投与開始後1日目のウイルス量低下の点ではプラセボとオセルタミビルに対してそれぞれ優越性を示した。安全性に関する明らかな ...

これは辛い! 一人暮らしで病気になったときの対処法 – ガジェット通信


ガジェット通信

これは辛い! 一人暮らしで病気になったときの対処法
ガジェット通信
一人暮らしで病気にかかってしまったら? 風邪を引いたり病気になったとき、実家暮らしや同棲をしていれば、家族やパートナーが身の回りの世話をしてくれる。ただ一人暮らしの場合は、ごはんを準備するのも買い物に行くのもすべて自分ひとり。体調が悪い中、誰も助けてくれ ...

▲Page Top