インフルエンザウイルスが存在する空間の、二酸化塩素ガスによる感染対策方法で、大幸薬品は米国における特許査定を受けました – MSN産経ニュース | インフルエンザ脳症、風邪対策

インフルエンザウイルスが存在する空間の、二酸化塩素ガスによる感染対策方法で、大幸薬品は米国における特許査定を受けました – MSN産経ニュース


インフルエンザウイルスが存在する空間の、二酸化塩素ガスによる感染対策方法で、大幸薬品は米国における特許査定を受けました
MSN産経ニュース
この特許査定は、米国にて、ヘマグルチニンやノイラミニダーゼをウイルス表面に持つ呼吸器ウイルス(インフルエンザウイルスなど)が浮遊する空間の感染対策に、動物が生存できる低濃度の二酸化塩素ガス(0.0001~0.1ppm)を用いることができるのは大幸薬品だけである、 ...

次へ »

« 前へ

▲Page Top