「風邪をひいているときの運転はビール約2リットルを飲んで運転するのと同等の危険性がある」との研究結果 – ロケットニュース24 | インフルエンザ脳症、風邪対策

「風邪をひいているときの運転はビール約2リットルを飲んで運転するのと同等の危険性がある」との研究結果 – ロケットニュース24


ロケットニュース24

風邪をひいているときの運転はビール約2リットルを飲んで運転するのと同等の危険性がある」との研究結果
ロケットニュース24
教授によると、「風邪をひいている状態は、ビールを1.7~2.3リットル飲んだときと同等の危険性を秘めていることがわかりました。さらに、反応時間や注意力の減退だけでなく、風邪によるくしゃみ一回につき前方不注意になる時間が約3秒間あることも明らかになったのです」とのこと ...

次へ »

« 前へ

▲Page Top