致死率高い「極東型」、札幌のマダニから初検出 – 読売新聞 | インフルエンザ脳症、風邪対策

致死率高い「極東型」、札幌のマダニから初検出 – 読売新聞


致死率高い「極東型」、札幌のマダニから初検出
読売新聞
潜伏期間は7~14日で、発症した場合、高熱やけいれんなどインフルエンザに似た症状を起こす。重い場合は、精神錯乱症状や死に至ることもある。 欧州やロシアなど広い範囲で流行し、多い年では年1万人ほどが発症する。国内では、93年に道南の女性で感染が初めて確認 ...

次へ »

« 前へ

▲Page Top