香川県でのHPAI疫学調査 4月も警戒が必要 感染鶏からの排せつ量少ない – 鶏鳴新聞 | インフルエンザ脳症、風邪対策

香川県でのHPAI疫学調査 4月も警戒が必要 感染鶏からの排せつ量少ない – 鶏鳴新聞


香川県でのHPAI疫学調査 4月も警戒が必要 感染鶏からの排せつ量少ない
鶏鳴新聞
2018.04.15発行 農林水産省は3月28日、2回目の「平成29年度における高病原性鳥インフルエンザ(HPAI)の発生に係る疫学調査チーム検討会」を開き、1月に香川県で確認されたHPAI(H5N6亜型)の発生事例について検討を行なった。最終的な疫学調査報告書は、今年4月下旬を目途に公表することになった ...

次へ »

« 前へ

▲Page Top