南インドに生息するカエルの粘液に含まれるペプチド「ウルミン」がA型インフルエンザウイルスを破壊する – GIGAZINE | インフルエンザ脳症、風邪対策

南インドに生息するカエルの粘液に含まれるペプチド「ウルミン」がA型インフルエンザウイルスを破壊する – GIGAZINE


GIGAZINE

南インドに生息するカエルの粘液に含まれるペプチド「ウルミン」がA型インフルエンザウイルスを破壊する
GIGAZINE
毎年定期的にやってくるインフルエンザの流行ですが、その種類は多く、たとえワクチンを接種していてもウイルスと一致しなければ感染を予防することはできません。また、薬剤耐性をもつ種類も増えており、多くの研究者たちが「新しい抗ウイルス薬の開発は急務である」と考え ...

次へ »

« 前へ

▲Page Top