例年より早く患者が出現 「マイコプラズマ」大流行の兆し – 日刊ゲンダイ | インフルエンザ脳症、風邪対策

例年より早く患者が出現 「マイコプラズマ」大流行の兆し – 日刊ゲンダイ


例年より早く患者が出現 「マイコプラズマ」大流行の兆し
日刊ゲンダイ
感染症の「マイコプラズマ」は、寒い季節に患者が増える。ところが、「今年は違った動きを見せている」と話すのは、池袋大谷クリニックの大谷義夫院長。現在まで臨床教授を兼務する東京医科歯科大学などで、長く呼吸器疾患を診てきた専門医だ。 「当院で、8月後半から1日1人 ...

次へ »

« 前へ

▲Page Top