「今年の風邪はたちが悪い」の真偽 – 福井新聞 | インフルエンザ脳症、風邪対策

「今年の風邪はたちが悪い」の真偽 – 福井新聞


「今年の風邪はたちが悪い」の真偽
福井新聞
マイコプラズマや百日咳などは有効な抗生剤が開発されて以来、早めに適切な治療を行えば広がりにくい傾向にありました。ところが最近、抗生剤に耐性のあるウイルスが出現し、治療もままならないまま、長期間にわたって感染が拡大するリスクが懸念されています」 特定の ...

and more »

次へ »

« 前へ

▲Page Top