【レポート】インフルエンザの症状が出ないまま、感染を広める「不顕性感染」の恐怖 – マイナビニュース | インフルエンザ脳症、風邪対策

【レポート】インフルエンザの症状が出ないまま、感染を広める「不顕性感染」の恐怖 – マイナビニュース


マイナビニュース

【レポート】インフルエンザの症状が出ないまま、感染を広める「不顕性感染」の恐怖
マイナビニュース
38度以上の発熱や頭痛、関節痛、筋肉痛などの症状が特徴のインフルエンザは、せきやくしゃみなどによる飛沫(ひまつ)感染が主な感染経路となる。通常は、ウイルスの潜伏期間をへた後にこれらの症状が現れる、だが、中にはインフルエンザ特有の症状が出ない「不顕性(ふ ...

and more »

次へ »

« 前へ

▲Page Top