東大、光で居場所が分かるインフルエンザウイルスを開発 – 財経新聞 | インフルエンザ脳症、風邪対策

東大、光で居場所が分かるインフルエンザウイルスを開発 – 財経新聞


東大、光で居場所が分かるインフルエンザウイルスを開発
財経新聞
インフルエンザウイルスの研究において、生体内でウイルスがどの細胞に感染しているか、感染細胞を判別することは、最も重要で基本となる情報の一つであり、これまでは免疫組織化学的な手法が一般的で、感染動物から摘出した臓器をホルマリンなどで固定し、感染細胞を ...

and more »

次へ »

« 前へ

▲Page Top