肺炎死急増 背景に急速な人口高齢化 – 福井新聞 | インフルエンザ脳症、風邪対策

肺炎死急増 背景に急速な人口高齢化 – 福井新聞


肺炎死急増 背景に急速な人口高齢化
福井新聞
マイコプラズマやレジオネラ属菌、黄色ブドウ球菌、緑膿(りょくのう)菌など多様な病原体が肺炎を引き起こすが、3割を占め最も多いのが肺炎球菌。これには1回の接種で5年有効という予防ワクチンがある。肺炎球菌に限られるが、重症化を防ぎ死亡のリスクを下げる効果が ...

次へ »

« 前へ

▲Page Top