【今日の言葉】マイコプラズマという目に見えない敵 – 財経新聞 | インフルエンザ脳症、風邪対策

【今日の言葉】マイコプラズマという目に見えない敵 – 財経新聞


【今日の言葉】マイコプラズマという目に見えない敵
財経新聞
マイコプラズマは、細菌の一種だそうで、ウイルスのように他の細胞を利用しなくても生きられるという、なかなかタフな細菌で抗生物質にも強いといわれる。もちろん、治療が遅れ重症化すると命の危険もあるようだ。マイコプラズマ肺炎の初期は乾いた咳が続くことだそうだ。

次へ »

« 前へ

▲Page Top