睡眠時無呼吸症候群 職場で治療促す取り組みを – 東京新聞 | インフルエンザ脳症、風邪対策

睡眠時無呼吸症候群 職場で治療促す取り組みを – 東京新聞


東京新聞

睡眠時無呼吸症候群 職場で治療促す取り組みを
東京新聞
同協会は「SAS治療の強制はできないが、居眠り運転には疲労、風邪薬の副作用などさまざまな原因があり、健康意識を高めることが防止につながる」と話す。 JR東海では、簡易検査でSASの疑いが出た運転士や車掌は、専門医療機関での診断が出るまで乗務から外し、治療 ...

次へ »

« 前へ

▲Page Top