金栄健介 ボタニカルアートの世界 – 中日新聞 | インフルエンザ脳症、風邪対策

金栄健介 ボタニカルアートの世界 – 中日新聞


中日新聞

金栄健介 ボタニカルアートの世界
中日新聞
ミヤマゼンコは背丈五十センチくらいで茎が太い。花は二・五ミリと細かく、葉は卵形で絵右の葉の付き方を参照に。和名で前胡(ぜんこ)と書き、漢方の風邪薬として用いられ、似ている花が高山にあることから名が付いた。 立山にあり、富士山、白山では基準標本となる。 (金沢中 ...

次へ »

« 前へ

▲Page Top