東京大学、たんぱく質の検出感度100万倍に – 日本経済新聞 | インフルエンザ脳症、風邪対策

東京大学、たんぱく質の検出感度100万倍に – 日本経済新聞


東京大学、たんぱく質の検出感度100万倍に
日本経済新聞
東京大学の野地博行教授らはがんやインフルエンザに関係する微量のたんぱく質を汗や血液から従来の100万倍の感度で検出する技術を開発した。英科学誌(電子版)に近く発表する。 たんぱく質に結合する抗体という分子に蛍光物質をくっつけ、蛍光の測定でたんぱく質の有無 ...

次へ »

« 前へ

▲Page Top