インフルエンザ流行期の咽頭痛では、溶連菌感染症も疑うべき – nikkei BPnet | インフルエンザ脳症、風邪対策

インフルエンザ流行期の咽頭痛では、溶連菌感染症も疑うべき – nikkei BPnet


インフルエンザ流行期の咽頭痛では、溶連菌感染症も疑うべき
nikkei BPnet
インフルエンザ流行期に、咽頭痛を訴える患者において溶連菌感染症がどの程度関与しているかを調べた結果、扁桃の腫脹・浸出物、前頸部リンパ節腫脹・圧痛を認めた場合には溶連菌感染を疑う必要があるとの報告があった。順天堂大学医学部小児科の鈴木光幸氏と時田 ...

次へ »

« 前へ

▲Page Top