がん・感染症の検査感度を100万倍高める技術 – 読売新聞 | インフルエンザ脳症、風邪対策

がん・感染症の検査感度を100万倍高める技術 – 読売新聞


がん・感染症の検査感度を100万倍高める技術
読売新聞
がん・感染症の検査感度を100万倍高める技術. 微細加工技術を使い、がん細胞やインフルエンザウイルスの検出感度を、これまでの100万倍以上まで高める技術を東京大の野地博行教授(応用化学)らのチームが開発した。 病気の早期発見につながる成果で、英科学誌に ...

次へ »

« 前へ

▲Page Top