鹿児島-上海空路 就航10周年 中国から誘客課題 – 西日本新聞 | インフルエンザ脳症、風邪対策

鹿児島-上海空路 就航10周年 中国から誘客課題 – 西日本新聞


西日本新聞

鹿児島-上海空路 就航10周年 中国から誘客課題
西日本新聞
鹿児島-上海線は県の誘致で2002年8月28日に週2便で開設。県によると、乗客は景気動向や新型インフルエンザ流行などで増減しながら、年1万~2万人、搭乗率50~68%で推移した。ただ、中国人が中心の外国人客は、10年までは年間千~3千人台にとどまっていた。

次へ »

« 前へ

▲Page Top