大衆薬の副作用、5年間で24人死亡 厚労省まとめ – 日本経済新聞 | インフルエンザ脳症、風邪対策

大衆薬の副作用、5年間で24人死亡 厚労省まとめ – 日本経済新聞


大衆薬の副作用、5年間で24人死亡 厚労省まとめ
日本経済新聞
風邪薬などの一般用医薬品(大衆薬)の副作用による死亡報告が、昨年度までの5年間で24人に上ったことが29日、厚生労働省のまとめで分かった。主な副作用は皮膚障害や肝障害、間質性肺炎など。副作用報告は医薬品との因果関係が不明な場合もあるという。同省は「 ...

次へ »

« 前へ

▲Page Top