免疫生物研究所など、遺伝子組換えカイコによるウイルスワクチン実用化で共同開発 – 日本経済新聞 (プレスリリース) | インフルエンザ脳症、風邪対策

免疫生物研究所など、遺伝子組換えカイコによるウイルスワクチン実用化で共同開発 – 日本経済新聞 (プレスリリース)


免疫生物研究所など、遺伝子組換えカイコによるウイルスワクチン実用化で共同開発
日本経済新聞 (プレスリリース)
生物資源研は、平成24年8月14日に、インフルエンザウイルスの病原性を除去した人工的に合成した遺伝子を用い、ワクチンに必要なタンパク質の生成に成功したことを発表いたしました。 当社は、生物資源研が開発した人工的に合成した遺伝子を、当社の遺伝子組換えカイコ ...

次へ »

« 前へ

▲Page Top