細胞で病気を治療できる時代に?―合成生物学の可能性 – サーチナニュース | インフルエンザ脳症、風邪対策

細胞で病気を治療できる時代に?―合成生物学の可能性 – サーチナニュース


細胞で病気を治療できる時代に?―合成生物学の可能性
サーチナニュース
2010年5月には、J・クレイグ・ヴェンター研究所が、牛の感染症を起こす細菌マイコプラズマ・ミコイデスのゲノムを人工的に合成し、遺伝コードを細菌細胞に組み入れることに成功した。移植を受けた細菌は、人工ゲノムで自己増殖したという。 当時、ヴェンター氏はこの合成生命 ...

and more »

次へ »

« 前へ

▲Page Top