インフルエンザ脳症、風邪対策

感染症情報メールニュース

インフルエンザ、風邪、ノロ、O157さまざまな感染症がニュースを賑わしますが、本当のところどうなんでしょうか?ニュースが騒ぐのがなんでもほぼ1ヶ月。ところがまだあちこちで流行していたり、あるいはニュースにはなかなか出てこないのに、もう流行していたり、肝心な情報を流さなかったり
そこで、除菌剤を販売している私があなたに代わり、「本当のところ」をお送りします。ニュースですから、気になった時だけ、もちろん解約はいつでもできます。


感染症メールニュース
発行アクアヴィーナス楽天市場店
登録  解除
*メールアドレス
*名前



最新情報

豚インフルエンザで死亡1000人超 ジカ熱だけではないブラジルの感染症 – ガジェット通信


ガジェット通信

インフルエンザで死亡1000人超 ジカ熱だけではないブラジルの感染症
ガジェット通信
H1N1とは、豚に感染したインフルエンザが人間に感染するようになった変異したインフルエンザウイルス。一般的に動物から人間に感染できるように変異したウイルスは、病毒性が強いとされています。ブラジル保健省が発表した死亡者数は、H1N1変異ウイルスの病毒性を ...

and more »

ハワイでも大人気!一度食べたら病みつきになる「シャーベット葛冷麺」 – オーヴォ


オーヴォ

ハワイでも大人気!一度食べたら病みつきになる「シャーベット葛冷麺」
オーヴォ
夏バテ防止効果あり、ダイエット効果あり、美容効果あり、風邪予防効果あり、知らないの?」と、友達に呆れられましたよ。そんな評判なんだ!! 夕方には売り切れになるらしいけど、今なら食べられるかもというので3人で出かけました。 ハワイでも大人気!一度食べたら病みつき ...

and more »

これからの季節は要注意! 熱中症の症状と対策 – dot.


dot.

これからの季節は要注意! 熱中症の症状と対策
dot.
風邪や、下痢を起こしている人、幼児、高齢者、肥満気味の人、心肺機能や腎機能が低下している人も熱中症を起こしやすいので注意が必要です。 熱中症になってしまったときの「応急処置」 最後に、熱中症かもしれないと思ったら、まず行うべき処置についてご紹介します。

and more »

夏にかけておたふく風邪が流行のきざし 4〜5年周期で患者増か – ハザードラボ


夏にかけておたふく風邪が流行のきざし 4〜5年周期で患者増か
ハザードラボ
昨年から今年にかけて、おたふく風邪の患者数が、過去5年間の平均を上回る勢いで増えていいる。今シーズンは4〜5年ぶりに流行のおそれがあるとして、国立感染症研究所が注意を呼びかけている。 流行性耳下膜炎、いわゆるおたふく風邪は、ムンプスウイルスが原因の感染 ...

「個室での透析」など、療養環境に配慮した外来医療でも特別料金徴収可能に―厚労省 – メディ・ウォッチ


メディ・ウォッチ

「個室での透析」など、療養環境に配慮した外来医療でも特別料金徴収可能に―厚労省
メディ・ウォッチ
例えば、「テレビ代」や「クリーニング代」「生命保険会社に提出する診断書代」「インフルエンザの予防接種費用」などです。これらを実費徴収しても、保険診療に予想できない影響が及ぶものではないためです。 厚労省は24日に、この実費徴収の対象項目を拡大する通知「『療養の ...

and more »

「アメリカでは考えられない」 – 現代ビジネス


現代ビジネス

「アメリカでは考えられない」
現代ビジネス
保険に入っているか否かにかかわらず、アメリカ人は薬の効果とコストに対してシビアに検討する。 もう一つの科学的な見解の違いが最もよく表れるのが風邪の対処法だ。 「日本では抗生物質など、風邪には効かないことが科学的にわかっている薬をいまだに出す医者がいます。

神戸薬科大、ワクチンの副作用を抗体で防ぐ技術 – 日本経済新聞


神戸薬科大、ワクチンの副作用を抗体で防ぐ技術
日本経済新聞
神戸薬科大学 八巻耕也講師らは重度の卵アレルギー患者がインフルエンザワクチンの接種でまれに起きる副作用「アナフィラキシーショック」を防ぐ技術を開発した。マウスへ抗体を投与する実験で、アレルギー反応を抑えた。マウスの抗体をヒト用に作り直して実用化を目指す。

受診した方がいい「せき」の症状について – ガジェット通信


ガジェット通信

受診した方がいい「せき」の症状について
ガジェット通信
せきは一般的に風邪の症状として知られていますが、放っておいて治まったり、長引いてしまったりして、いつ受診すべきか迷ってしまいますよね。 今回はそんなせきのメカニズムと受診のポイントについて、医師に解説していただきました。

and more »

急増する新興感染症 天敵なき地で猛威ふるう侵略的外来生物としての病原体 – THE PAGE


THE PAGE

急増する新興感染症 天敵なき地で猛威ふるう侵略的外来生物としての病原体
THE PAGE
現在、世界各地に蔓延するインフルエンザウイルスやHIV(AIDSの原因となるウイルス)、そして一昨年、アフリカから世界各地への感染拡大が懸念されたエボラ出血熱ウイルスなど、グローバリゼーションが唱われる現代社会において、外来生物としての病原体の脅威は拡大を ...

マダニ媒介の感染症の治療薬 初の臨床研究へ – NHK


マダニ媒介の感染症の治療薬 初の臨床研究へ
NHK
マダニにかまれることで起きる感染症SFTS=「重症熱性血小板減少症候群」の治療薬を開発しようと、国立感染症研究所が今月から初の臨床研究を始めることになりました。 SFTS=「重症熱性血小板減少症候群」はマダニがウイルスを媒介することで起きる感染症で発熱や ...

▲Page Top